ホーム » 講座一覧

「グローバルビジネスで必要な基礎知識 ~『赤毛のアン』で学ぶ西洋文化」第3回 グローバルに活躍するために必須のキリスト教基礎を学ぶ  (テーマ別全3回・1回ずつ参加可能)

日時 2021年05月14日(金)19:00-20:30

受講料: 4,290円  会場: オンライン  定員: 100名

内容

 
グローバルに活躍するためには、英語力やビジネススキルにとどまりません。必要不可欠なのは、西洋文化の基礎知識です。
英語のスピーチや会話に欠かせないシェイクスピア劇の名句、西洋人の民族、キリスト教といった、グローバルに活躍するための教養を、今までと違う角度から学びませんか。
 
 
日本初の全文訳『赤毛のアン』シリーズを手がけて重版連続の人気作家・翻訳家の松本侑子氏が大人の文学『赤毛のアン』の解説を通じて、西洋文化の基礎知識を、全3回で楽しく解説します。
講師が小説の舞台プリンス・エドワード島で撮影した美しい写真も、毎回、多数上映します。
      
●全3回の時期と全3回のテーマ 
 
第1回 2021年3月12日(金) 19:00-20:30
テーマ:シェイクスピア劇の名台詞、小説の舞台カナダ、アンの前向きな生き方

<受講者のコメント>
引用文がこんなにあるとは知らなかったので、今度は先生の本と一緒に原書をまた改めて読み返したいと思いました。先生がどんなにこの本を愛されているのかぎ伝わり、だから良い箇所を朗読そして解説されたのがとても素敵な時でした。 (40代 広島在住 女性 A.Hさん)
 
こんなにも奥深い物語だとは知りませんでした。奥深く探るからそうなるんでしょうね。見方がガラリと変わりました。 (40代 秋田県在住 熊谷綾子さん)
 
実際に行ったときの写真を見られたことは楽しく、ぜひとも行ってみたいと思いました。文学の世界の背景、時代背景を詳しく解説してもらえたことが大変参考になりました。 (60代 山形県在住 女性 H.Mさん)
 
モンゴメリが地名や人名に込めた想い、物語の奥深さと巧みな構成、先生がどの様に引用の出典を調べたかという方法と先生の熱意、益々アンの魅力に惹かれました。ありがとうございました。 (40代 東京都在住 女性 N.Kさん)
 
ほのぼのとした物語と思っていた背景に、歴史的、文化的なものが反映されていたことを知ることができました。苦労された研究の経過を、明るい語り口で話される分、かえってすごみを増して感じました。 (40代 大阪在住 女性 うろこ雲さん)
 
歴史、宗教、芸術などを縦横無尽に織り交ぜながらの解説。そして松本さんの膨大な時間を費やされた情熱的な研究姿勢にも感動しました。次回に向けて、ご著書を購入しました。 (50代 東京都在住 女性 C.Yさん)
 
第2回 2021年4月9日(金) 19:00-20:30
テーマ:欧米で活躍する人なら誰もが知る英国とケルト民族の基礎を知る。 ~アンが語るスコットランド民族の伝統、欧州の先住民族ケルトの歴史、英国の基礎知識

カナダは世界各国からの移民による多民族の国です。
『赤毛のアン』の民族、ケルト族、アーサー王伝説を楽しく解説します。
 
・アン、マシュー、マリラはスコットランド系、ダイアナとリンド夫人はアイルランド系
・民族の描写と民族衣装
・主な登場人物はケルト族。ケルト族とは何か?
・アン憧れる古代イギリスのケルト伝説「アーサー王伝説」とは何か?
・アンやダイアナが演じる「ランスロットとエレーン」の物語とは?
・この場面に隠されたアンからギルバートへの恋心
・夏目漱石が小説化した「ランスロットとエレーンなど
 
 
日本初の全文訳『赤毛のアン』を元に
西洋文化の基本を、どなたにもわかりやすく楽しく解説します。
英国の写真も多数上映します。


 
第3回 2021年5月14日(金) 19:00-20:30 
テーマ:グローバルに活躍するために必須のキリスト教基礎を学ぶ。 ~アンが語るキリスト教、カトリックと新教、西洋人の名前とキリスト教、イエスの聖杯探索

『赤毛のアン』は牧師と婚約していたモンゴメリが、キリスト教文学として書いた小説です。
そこでキリスト教について解説します。
・モンゴメリとキリスト教について
・アン、マリラ、マシューの名前とキリスト教の意味
・アンとカスバート家が信仰する長老派教会とは?
・『赤毛のアン』にクリスマス礼拝が描かれない理由
・カスバートは7世紀ケルト・キリスト教を代表する聖カスバート
・『赤毛のアン』の中の聖書の名句
・『赤毛のアン』の主題である「隣人愛」を描いた詩
・イエスの聖杯探索と隣人愛の騎士マシュー
 
 キリスト教の基礎知識を『赤毛のアン』をもとに
 どなたにもわかりやすく、楽しく解説します。
 

 

 
★松本侑子さんの『赤毛のアン』講座、ご参加者の感想です。ぜひお読みください!
 
『赤毛のアン』のシェイクスピア劇とキリスト教
 
『赤毛のアン』のスコットランドとケルト
 
『赤毛のアン』の英語セミナー
 
======《お申込みはコチラから》======
  
 第3回 2021年5月14日(金) 19:00-20:30

  ♦クレジットカード払い/銀行振込   
    


  ♦ピアポイント利用(銀行振込のみ)     
  
-------------------------------------------------------

*本講座はオンライン(Zoom)開催となります。
*オンライン視聴先につきましては、ご入金確認後、開催前日にお客様宛にメールにてお知らせいたします。
講座開始時までに入金確認が完了していないお客様につきましては、受講できかねますので予めご了承ください。
*お支払い後は、いかなる場合も、当日講座欠席の場合も講座料の返金や振替はありません。

=========================


<注意事項>
ピアポイント利用して、クレジットカードでの支払いを行われた場合は、
 ポイントはお使いいただけません、万が一ご利用の場合は
 ご使用いただいたポイントは無効となりますので予めご了承ください。
・講座が講師の事情等により、やむを得ず中止する場合がございます。
・中止の場合は、お申込いただいたメールアドレス宛に原則3日前までにご連絡を差し上げます。
 この場合、他講座へお振り替えいただくか、ご返金をさせていただきます。
・ご入金以降、お客様のご事情によるキャンセル・返金には応じられませんのでご了承下さい。

講師
内容

  作家・翻訳家/日本ペンクラブ理事

松本侑子

筑波大学卒、国際政治学専攻。テレビ局勤務をへて、1987年、『巨食症の明けない夜明け』(集英社)ですばる文学賞、2010年、『恋の蛍 山崎富栄と太宰治』(光文社)で新田次郎文学賞を受賞。日本初の全文訳『赤毛のアン』シリーズ(文春文庫)の翻訳にあたり、米国ハーバード大学図書館と英国図書館で調査を行い、英文学と聖書からの引用を多数解明。従来、児童書として紹介されてきた『赤毛のアン』の知的な仕掛けを明らかにして脚光を浴びる。著書は『赤毛のアンに隠されたシェイクスピア』(集英社)、『英語で楽しむ赤毛のアン』(ジャパンタイムズ出版)など多数。2007年、慶應義塾大学講師、NHKラジオ「ものしり英語塾」講師。2008年、NHK教育テレビ「3か月トピック英会話『赤毛のアン』への旅」番組講師。2015年、カナダ・トロント大学で『赤毛のアン』の翻訳と英文学について英語講演。企画・同行解説を手がけるカナダ『赤毛のアン』ツアーでプリンス・エドワード島を20回以上渡航。全国から500人が参加する人気ツアーとなっている。



講演依頼
講座データ
会場
オンライン
定員
100名
受講料
4,290円