ホーム » 講座一覧

人前で話す力を高める「講演者総合養成講座」 2018年10月開講

日時 2018年10月13日(土)10:00-13:00

受講料: 600,000円  会場: 表参道カレッジ  定員: 7名

内容

「人前で話す」人のための、他に類を見ない本格的な実践講座です。
 
聴き手の心をつかむ話し方ができたら、リーダーとしても、営業としても、もちろんどんな立場であっても仕事の幅は広がります。
本講座の特徴は、一般の話し方教室やビジネスプレゼンテーション講座とは全く異なり、スピーチ内容の論理性、話し手の魅力、聴き手の心に届く話し方を総合的に高めるために 6人の講師が連携して、4−7人限定の受講生に真剣に指導ていく実践指導にあります。
 
◆週末に通えます
講座は、合計10日間、全20回の
3カ月間のコースです。
全国各地からプロフェッショナルな方々が通いやすく作られており、全体で5回あるスピーチの実践講座と、各講師陣の専門分野で指導する専科の2つのタイプの講座を、3つのステージに組んで学んでいきます。
 
◆少人数制です
講座内容に加え、素晴らしいメンバーとの受講も財産です。「大人になってこんなに真剣に学ぶ仲間と会えて幸せ」「一緒に学んだ素晴らしい仲間との出会いが何よりの宝物」と毎回、受講生が発言するほど、志高い、本気で学ぶ姿勢の素晴らしい受講生が全国から通われます。今までの受講生は、沖縄、岡山、愛媛、鳥取、香川、福岡、岐阜、滋賀、兵庫、大阪、京都、名古屋、静岡、仙台、新潟、北海道他、全国また海外から通われています。
職業も、多様。経営者、弁護士、研究者、学者、建築家、医師、看護師、営業担当、開発担当、映画プロデューサー、金融関係者、小学校教員、中学校教員、高校教員、大学教員、ファイナンシャルプランナー、カラーコーディネーター、薬剤師、人事担当者・・・・・・、そして、分野も、金融、食品、医療、化学、宇宙物理学、お茶、教育、介護、看護、カラー、映画、人事、政府機関など多彩です。
年齢も20代から60代、男性、女性の参加があります。

◆プロの講師が総合指導
定員4-7名の受講生に対して、6名のプロ講師たちが、期間中継続して連携し、それぞれの専門分野を指導します。
コンサルタント、アナウンサー、モデル、俳優、そして、すでに1500回以上の講演実績のある佐々木かをりなど、が直接指導します。論理的な話の展開方法、わかりやすい資料の作り方といった具体的なスキルから、聴衆とのコミュニケーションの取り方、発声方法や表情、姿勢、メイク、服装、何より人前で話すための総合的な心構えなど指導し、受講生の技術を高めると同時に内面的な魅力を引き出していきます。

◆ビデオ撮影
スピーチセッションでは、各自のスピーチを個別で録画しますので、自宅でご自身の成長を確認できます。 また、講義内容は守秘義務で守られていますので、実際のビジネス案件を題材にして、実践スキルを身につけていただけます。

◆170名を超える卒業生からの声
「プロの講演者となるためには、本質的に何が必要かを深く考えさせられる有意義な研修でした。多方面にわたる講義に加え、実際のスピーチ演習を通じて、講師の方々から客観的なフィードバックをいただいたことで、多くの気づきを得ることができました。メークや服装の講義もありますが、実は男性にもお勧めの講座です。今までどれだけ格好悪い状態で人前に立っていたのかを思い知らされました」 (インダストリーアナリスト/神奈川県厚木市/50代男性、E.Iさん)」

「以前も聴き手を想定しながら中身を作ってい るつもりでしたが、本講座を受講して、聴き手に寄り添う姿勢がいろいろな面で全く足りていなかったと気付きました。講演の中身を繰り返し 掘り下げる過程では、自分の専門分野についても改めていくつものアンテナが立ちました。受講を通じて得たもの、いっしょに学んだ仲間は一生の宝です。講座で学んだことは、講演にとどまらず、日々の仕事、生活でも役立つことばかりで、反芻して身にしみこませていきたいと思っています」 (技術系団体職員/東京都/50代女性、M.Mさん)」

「養成講座修了から2週間後、講演会ではありませんが1日研修の講師を務めました。養成講座では<発声・話し方>について最後の最後まで厳しいご指摘をいただいていたので、マイクなしの1日研修講師は少々不安でした。しかし、受講者アンケートでは「声が聞きやすい」「笑顔でわかりやすかった」「メリハリがあり飽きなかった」との感想をいただき、養成講座でのトレーニングの成果を改めて実感しました。何より、自分自身が楽しんで研修ができたことが一番の発見でした。 養成講座は、プロフェッショナルかつチームワーク抜群の講師陣に、スピーカーとしての内面・外面のすべてをトレーニングしていただける講座で、話し方は生き方を現すことを教えていただいたような気がします。他にはない講座で、思いきって参加を決めて本当によかったです。 4月以降も、新たに3件の研修講師が決まりました。養成講座は私にとって“幸運を呼ぶ講座”になりました」  (臨床心理士 /東京都/40代女性/K.Wさん)」

「自分の話し方、伝え方に足りない物を感じて焦りを感じ始めていたので、すべての日程が奇跡的に合ったこの2ヶ月の集中講座開講に出会えたのは、運命だったように思います。 わたしはこの講座に参加して、多彩な講師陣からのきめ細やかな指導もさることながら、その姿から、仕事のプロとして、そして人として「あり方」を学べたようなきがします。 そして、初日に強烈なダメだしをされてから修了まで、緊張感ある学びだったからこそ深められた受講者同士の絆もこの講座ならではだと思いました。 (会社員 KH 福岡市)」

「仕事柄、専門分野において会社の幹部と話すことが多いのですが、自分の考えを一方的に話してしまい、聴き手にわかりやすく自分の想いを伝えることが課題だと思っていました。初日、「講演者として話す」ということが、プレゼンテーションや報告と全く違うということを痛感しました。総合的に丁寧に指導していただけ、若いうちに受講していたら、「人生もっと得しただろうな!」と思いました。まだまだ直すべき課題が残っているのですが、ターゲットは理解できたので、日々、精進して、自分らしく話すことに心がけたいと思います。ありがとうございました。 (公認会計士 HK 大阪市)」

「今までは講演をした後は名刺交換だったのに、本講座終了後は、講演の後にサインを求められるようになりました!」(映画プロデューサー、女性) 

社内のプレゼンで評価され、昇進、昇給し、仕事の裁量も増えました。話す力一つで、こんなに人生が変わるとは思ってもいませんでした」(百貨店、女子) 

 

第25期 講演者総合養成講座(2018年10月開講)
 
■■■第1ステージ:「テーマを定める」 

【第1回講座】スピーチ&フィードバック:5分スピーチ
日時:  2018年10月 13日(土)10:00−12:30
講師:  西田治子、佐々木かをり 他
内容:  受講生が事前課題にそって準備した5分間スピーチを行い、出席講師陣からのフィードバックをうけ、 本講座で学ぶ課題を抽出していきます。自身のスピーチのビデオ録画を見て復習にあてます。

【第2回講座】講座:自分の「売り」を考える 
日時:  2018年10月13日(土)14:00-15:00
講師:  佐々木かをり
内容:  人前で話すとは、どういうことか。自分の専門性、切り口を見つけるためには、どういった視点で考えるといいのか。自分の特徴を生かした「伝わる」スピーチ構成をするための基本知識を学びます。

【第3回講座】スピーチ&フィードバック:5分スピーチ
日時:  2018年10月14日(日)10:00−12:30
講師:  西田治子、佐々木かをり
内容:  初回の5分スピーチのフィードバックなどを受け、自身で組み立て直して再度5分間スピーチを行います。この時点で、今回の講座において上達さえていくスピーチテーマを決め、課題を絞り込んでいきます。

【第4回講座】講座&ワークショップ:話の組み立て方 
日時:  2018年10月14日(日)14:00-16:00
講師:  西田治子
内容:  自分のスピーチテーマが少しずつ見えてきている中、どのように話の構成を組み立てていくとわかりやすいのか、各自が考えていくのかを、講義形式で学びます。

■■■第2ステージ:「プロとしての自覚と見せ方」 ーーーノンバーバルトレーニング 

【第5回講座】ワークショップ:身体のイメージ」を高めるコミュニケーション 

日時:2018年10月20日(土)
講師:  丹下一
内容:  聴き手にメッセージを伝えるためには、聴き手との関わりを作っていくことが大切です。自分を開き、相手を感じ、「関わり」を体感するためのワークショップです。自分のエネルギーを集中・強化して、ステージに立つことを、俳優である講師が指導し、体感します。
服装: 動きやすい服(ハイヒールやスカートは不可)

【第6回講座】ワークショップ:「声のイメージ」を高めるコミュニケーション
日時:2018年10月20日(土)
講師:  丹下一
内容:  講演の際、聴き手との関わる大きな部分が、声。自分の声がどのように伝わり、受け取られているのかを感じながら、コミュニケーション力を高めて行くワークショップです。舞台で演技する経験から、声のイメージを感じ取るワークショップです。
服装: 動きやすい服(ハイヒールやスカートは不可)

【第7回講座】ワークショップ:発声の基礎
日時: 2018年10月27日(土)13:30−15:30
講師: 菅家ゆかり
内容: ただ大きな声であればいいわけではありません。プロとして人前に立つときに、「聞きやすい声」「わかりやすい声」を出せるようにするための基礎学習です。元アナウンサーの講師が、毎日の練習法もお教えする、ワークショップです。この日から自宅での自主レッスンも開始となります。
服装: 動きやすい服(ハイヒールやスカートは不可)

【第8回講座】ワークショップ:表情トレーニング
日時:  2018年10月27日(土)15:45−17:45
講師:  菅家ゆかり
内容:  講演時の表情をトレーニングしていきます。30以上あるという顔の筋肉トレーニングを実践していくワークショップです。聴衆が見る講演者の顔は、どのくらいインパクトがあるのか。筋肉を理解し、動かしていくことにより、表情が豊かになり、聞き手の心を捉えることができます。
持ち物:手鏡(テーブルにおけるタイプの少し大きめのもの)をお持ちください。

【第9回講座】ワークショプ:服装・色・姿勢
日時: 2018年11月10日(土)13:00-15:00
講師:  鷹松香奈子
内容:  講演内容をしっかり聴き手に届けるためには、講演者の立ち方、服装、姿勢も大切な要素です。信頼される色、服など、一人ひとりにアドバイスをしていきます。講師による個人指導です。
服装: 講演するときに実際に着る「本番」の服装やアクセサリをしていただいて、それについてフィードバックをさせていただきます。

【第10回講座】ワークショップ:メイクアップ
日時:  2018年11月10日(土)15:15-17:15
講師:  森崎千鶴
内容: 男性、女性,のスピーカーも、髪型や顔色等によって、話し手の印象は劇的に変化します。メイクアップといっても女性だけのものではありません。スピーカーとして人前に立つために、一人ひとりにアドバイスをし、実践する個人指導です。ここで学んだノウハウをこの後自宅で再現できるようになります。
持ち物:普段お使いの化粧品/ヘアブラシ・前髪を止めるヘアピン/普段は使っていない口紅、鏡をお持ちください

■■■第3ステージ:「プロへのフィニッシング」 

【第11回講座】スピーチ&フィードバック:15分スピーチ

日時:  2018年11月17日(土)10:00‐13:00
講師:  西田治子、佐々木かをり
内容:  第2ステージまでに学んだ自覚と見せ方を活かし、初の15分スピーチにのぞみます。一人ずつ15分間のスピーチを行い、具体的フィードバックを受けながら、話の構成や完成度を高めて行く実践トレーニングを行います。ビデオ撮影を行い、自分の部分は各自が復習できるようにしています。

【第12回講座】講座:聴き手の立場で考える
日時:  2017年11月17日(土)14:30-15:30
講師:  佐々木かをり
内容: 1500回以上の講演をし、聴き手の満足度が98%-100%という講師が、聴き手の立場で考えるとは何か、その大切さはどうかを、具体的な事例を持って指導します。各自の講演テーマ、骨子について考え、話の構成を深めるエッセンスを学びます。

【第13回講座】講座&ワークショップ:話の構成と資料
日時: 2018年 11月18日(日)10:00-12:00
講師: 西田治子
内容: 15分となった講演内容の構成を再度考えて、資料の作り方も学ぶ実践ワークショップです。パワーポイントの使い方、一つひとつのグラフの使い方、配布資料の内容など、資料をどのように使うと講演内容を引き立てるのか、その手法を学び、自らの講演に反映させます。

【第14回講座】ワークショップ:声トレーニング
日時: 2018年 11月18日(日)13:15−15:30
講師: 菅家ゆかり
内容: 第2ステージで学んだ声トレーニングの第2回目。自主トレーニングの成果を確認するとともに、終了スピーチに向けて、更に充実した声のトレーニングを行います。

【第15回講座】スピーチ&フィードバック:15分スピーチ
日時: 2018年 12月1日(土)10:30-13:00
講師: 西田治子、佐々木かをり
内容: 15分のスピーチ、2回目。学んできた事を活かし、再度一人ずつ15分間のスピーチを行い、フィードバックを受けながらブラッシュアップしていきます。もちろん、再度ビデオ撮影を行い、講演内容、声、仕草等全ての角度からチェックします。

【第16回講座】講座&ワークショップ:講演を整える
日時: 2018年12月1日(土)14:30-16:30
講師: 西田治子
内容: 当日行ったスピーチのフィードバックを活かして、スピーチ内容を修正して行く時間です。講演の仕上げに向けて、論理構成、進行など、最後の準備をします。

【第17回講座】スピーチ&フィードバック:15分スピーチ
日時: 2018年 12月15日(土)10:30-13:00
講師: 西田治子、佐々木かをり
内容: 修了スピーチに向けて一人ずつ、3回目の15分間のスピーチを行い、フィードバックを受けながら修正します。ビデオ撮影を行います。

【第18回講座】講座:プロの講演者としてのTips
日時: 2018年12月15日(土)14:30-15:30
講師: 佐々木かをり
内容: 最終まとめとして、今までの振り返り、及び、タイトルのつけ方、プロフィールの書き方、集客についてなど、1500回程の講演実績、満足度が98% 以上の講師が、自らの体験を丁寧に伝授します。プロの講演者として知っておくべき知識を講義形式で学びます。

【第19回講座】スピーチ&フィードバック:15分スピーチ
日時: 2018年12月16日(日)13:00−14:30
講師: 佐々木かをり、他
内容: 全ての指導を元に、修了スピーチを一人ずつ15分間行います。本番です。フィードバックなどはありません。拍手のみ!

【第20回】修了式&ミニパーティ
日時: 2018年12月16日(日)14:30-16:00
講師: 佐々木かをり、他
内容: 修了証の授与式。記念撮影。その後、修了証授与者と講師陣でお祝いパーティを開催します。軽食&ワインを楽しみながら、20回を振り返り、講師陣から数々のお祝いコメントが伝えられます。ここから、講師デビューです。
 
◆こんな方にお勧め: 
「専門家として、最近人前で話すことが増えてきた」 
リーダーとして、人前で話す機会が増えてきた」
「仕事を続ける上で、自分の話のレベルを上げたい」
「講演を依頼されることも増えて来たが、もっと腕を磨きたい」 
「あの人の話しを聞きたい、と指名される講演者になりたい」 
「自分の講演を客観的に指導してほしい」 
「講師として独立したい」 

◆注意事項:
※ お申し込みいただいた後、事務局にてご受講いただけるか確認し、受講可能な方にのみご入金のお知らせをいたしますので、以下の要領でお申し込みください。
※ 第1回〜第4回目までは必ず出席できる方がご参加いただけます。ここで欠席をされました場合、その後の講座を一切受講することができません。
  またご返金もできません。事前に十分にご確認ください。
※ どの授業も、欠席者に対する補講はありません
※ 修了証書は、原則16講座以上出席した方全員にお渡しします
※ スピーチセッションは、各自のスピーチを録画します。ご自分のスピーチ部分のみ録画をダウンロードしていただき、ご自宅で確認していただけます。 
※ スピーチセッションの時間は、受講者の人数によって終了時刻が前後します。ご了承ください。
※ スピーチセッション講座・ワークショップは、複数クラスの受講生が同時受講となる場合もあります。
※ 再受講も受け付けています 。定期的に継続して受講される方もいらっしゃいますので是非。
※ 最低開催人数4名、定員は7名です。開催しない場合は、2018年10月5日(金)にメールにてご連絡の上、ご入金額を全額返金いたします。
※ 一度ご入金いただきますと、開催中止を除き、いかなる場合もご返金できませんので、日程を確保されてからお申し込みください。
 
■応募方法:講座参加までの流れ
 
■お申し込みフォームにて、お申し込みください。
講座では、総合的かつ深い指導をしますが、各自の話す内容については、ご本人の経験や知識が必要です。 参加希望の方は、応募時に、ご自身の専門分野と、話したいテーマ案などをご記入いただき、簡単な基本審査(書面)をさせていただき、講演を組み立てていくための十分な話題、経験、専門性がある方に、ご受講頂いております。 医師や弁護士、研究者などだけでなく、一般企業の人事、マーケティングなどの専門分野やご経験でも結構です。この時点では、正式なお申し込みとならず、受講料は一切発生いたしません。
               ▼
 
■基本審査
「受講申込」に入力いただいた内容を申し込み順に全講師陣が拝見し、話されたい分野の専門性をお持ちかどうか確認させていただきます。
              ▼
 
■結果のお知らせ
「受講申込み」をされた全員の方に、受講可能かどうかの結果と、受講可能な方にはご入金方法をメールにてお知らせいたします。
              ▼
 
■ご入金
ご案内いたしました手順に従って、メール送信日より5日以内に受講料を指定口座へご入金下さい。
              ▼
 
■「ご入金完了」の通知
ご入金を確認し次第、事務局より「ご入金完了」の通知をメールにてお送りします。これで申し込み完了です。
              ▼
 
■第1回講座 課題のお知らせ
お申し込み完了の方に、随時事務局から、第1回受講までの事前課題をお送りしますので、ご準備ください。
              ▼
 
■開講前のお知らせ
開講約1週間前に事務局よりご連絡させていただきます。
              ▼
 
■第1回講座日に、課題をご準備のもと、ご参加下さい。
 
皆様のご参加を、お待ちしております。

 

講師
内容

  イー・ウーマンおよびユニカルインターナショナル代表

佐々木かをり

上智大学外国語学部卒業。ユニカルインターナショナル、イー・ウーマン2社の社長を務める。イー・ウーマンでは企業ブランドコンサルティング、商品サービ ス開発・人材研修などを手がけ、オリジナルでアンチエイジングの抗酸化サプリ「メロンリペア」を開発し大ヒットに。またオリジナル手帳「アクションプラン ナー」を使用した時間管理術も注目されている。1996年より毎夏「国際女性ビジネス会議」を開催。国民生活審議会、中央教育審議会などの委員のほか、上 場企業の経営諮問委員をつとめる。テレビ朝日「ニュースステーション」リポーター、TBSテレビ「CBSドキュメント」キャスター、TBSテレビ「ブロー ドキャスター」コメンテーターを歴任。海外渡航歴は30カ国以上。エルマイラ大学名誉文学博士。2児の母。


  表情アドバイザー、フリーアナウンサー

菅家ゆかり

上智大学文学部新聞学科卒業後、日本テレビ放送網株式会社にアナウンサーとして入社、ニュース・スポーツ情報番組や芸能情報番組の司会やレポーターとして 幅広いジャンルで活動する。退社後は、フリーランスのアナウンサーとしてテレビやラジオに出演するほか、シンポジウムやセミナーの司会、ナレーションも担 当。日テレ学院ほか大学等では講師として、「アナウンスの基礎」「会話表現」「自己演出法」などを指導、社会人や各種団体向けのセミナーや研修では「自己 表現法」の講演を行う。また、せたがや健康つくり区民フォーラム委員を務め、表情筋トレーニングによる魅力的な表情づくりを指導するフェイスエクササイズ 講師としても活躍している。2004年より、「働く人の円卓会議」議長。


  メイクアップアーティスト

森崎千鶴

東京マックス美容専門学校卒業後、サロンワーク・メイクアップスクールを経て、ユミ・ビュアクスに入社。政財界のトップから女優・歌手・キャスターと幅広い方々のヘア・メイクに携わる。現在はフリーにて活動。ドラマやバラエティなどTV番組のヘア・メイクを数多く担当する。そのほか、パーソナルメイクレッスン、企業やスクールでの講師としても活動し、現在は東放学園高等専修学校でもクラスを持つ。2001年よりイー・ウーマン「働く人の円卓会議」議長。09年3月より、介護施設等でのお化粧ボランティアも始める。AEAJ認定アロマインストラクター。


  モデル ウォーキングインストラクター

鷹松香奈子

1982年モデルデビュー。モデルとしてパリコレクション、東京コレクションで活躍。 CHANEL、エルメス、Dior、イッセイ・ミヤケなど他多数のショーにも出演。第一印象の55%は視覚からの情報で決まるといわれるほど、「見た目」 は重要な役割を果たし、立ち方や身体の動かし方で人の印象はもちろん、気持ちさえも変えることができると考えます。
現在はウォーキングインストラクターとして、東京商科学院、早稲田美容理容専門学校、「TARZAN」ウォーキングページ監修、企業内研修、スタイリン グ・ファッションアドバイザー、各ショップでのショッピングサポートなど数多く手がける。イー・ウーマンユニバーシティ講師や、イー・ウーマン「働く人の 円卓会議」議長も務めている。


  俳優 演出・コミュニケーショントレーナー

丹下一

1978年、早稲田大学演劇学科在学中より活動を始める。日本の古典、伝統、民俗に深く根ざした幅広い現代演劇の活動は国内各地に留まらず、東アジア、インド、欧米各地に及ぶ。海外公演、ワークショップなど多数。2000年劇団プレイバッカーズに参加。演劇活動と平行してプレイバックシアターの活動も。I.T.I(国際演劇協会)会員。Tama+ project代表。


オフィス・フロネシス代表  リサーチ・コンサルタント

西田治子

東京大学文学部西洋史学科卒業後、三井情報開発株式会社総合研究所研究員として、産業・社会の情報化政策関連の調査研究に従事。その後、アーサー・D・リトルスクールオブマネージメントで経営学修士、ハーバード大学ジョン・F・ケネディ行政大学院にて行政学修士を取得。1992年、マッキンゼーに入社。コンサルタントを経て、2010年まで、北アジア地域(東京オフィス及びソウルオフィス)のリサーチ・マネージャー。コンサルタントを支援する産業分析等の調査業務を担当。また、知の創出・イノベーションを可能とする組織作りをテーマに、社外での講演・執筆等も行う。
2011年より、オフィス・フロネシス代表として、リサーチ・コンサルティングサービスを手掛ける傍ら、ソーシャル・イノベーション推進を目的とするIMPACT Foundation Japan(www.impactjapan.org)の創設に参加。事務局長。2015年、東北被災地女性就業支援事業を持って独立。一般社団法人Women Help Women代表理事。女性の自立支援やソーシャル・ビジネスの育成に取り組んでいる。
2007年よりイー・ウーマン「働く人の円卓会議」議長。主要著書:『知識国家論序説』(野中郁次郎氏ほかと共著、東洋経済新報社、2004年)、『情報技術と日本産業』(共著、日本経済新聞社、1986年)


講演依頼
講座データ
会場
表参道カレッジ
定員
7名
受講料
600,000円